TモバイルとメトロPCSの合併、米監督当局が承認

米連邦通信委員会(FCC)と米司 法省反トラスト法(独禁法)局は、ドイツテレコム傘下のTモバイル USAと米携帯電話サービス会社メトロPCSコミュニケーションズの 合併計画を承認した。

FCCのジェナカウスキー委員長は12日の発表文で米携帯電話サー ビス業界で4位と5位の合併承認について、モバイル市場の強化が続く ことになり、米国の消費者に恩恵を与えるとの見解を示した。FCCは 高速無線通信サービスの拡大も利点に含まれると指摘した。

米司法省は合併に関する審査の終了を発表したプレスリリースで、 合併は消費者に悪影響を及ぼす可能性が低く、Tモバイルがより強力な 競合企業となるのを促す可能性があるとの見解を示した。

Tモバイルのジョン・レギア社長は発表文で「FCCの承認は両社 合併に向けた重要な一里塚だ。合併完了を待ち望んでいる」とコメント した。

発表文によると、両社合併には株主の承認が必要。株主総会は4 月12日の予定。発表文は株主に対し、合併反対派株主が配布した委任状 を破棄し、合併に賛成票を投じるよう要請。投票しなければ、合併に反 対票を投じるのと同じだと呼び掛けた。メトロPCSの筆頭株主のポー ルソン社は合併新会社の過大な債務を理由に合併計画を阻止する意向を 表明している。

原題:Merging T-Mobile With MetroPCS Wins Approval From Agencies (1)(抜粋)

--取材協力:Sara Forden.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE