香港株(終了):下落-改革に伴う懸念で鉄道株が安い

香港株式相場は下落。中国本土の鉄 道銘柄を中心に値下がりした。鉄道省の改革で市場の競争が激しくなる との懸念が広がった。

鉄道建設の中国鉄建(1186 HK)は6.5%安。鉄道車両メーカーの中 国南車(1766 HK)も安い。中国最大の保険会社である中国人寿保険 (2628 HK)は3.2%安。同社は業績に関する会長の発言について、明確 にするための説明をした。電力会社の華潤電力(チャイナ・リソーシ ズ・パワー・ホールディングス、836 HK)も下落。衣料品小売りのエス プリ・ホールディングス(330 HK)も安い。

ハンセン指数は前日比200.22ポイント(0.9%)安の22890.60で終 了。一時は0.7%高となった。構成銘柄のうち値下がりと値上がりの比 率は約7対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同1.3%安 の11292.14。

JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア担当チーフマーケ ットストラテジスト、タイ・フイ氏(香港在勤)はブルームバーグテレ ビジョンとのインタビューで、株価上昇は「終わっていないが、特に企 業収益面でのファンダメンタルなサポートがもう少し必要だ」と語っ た。

原題:Hong Kong Stocks Slide as Railway Companies Decline Amid Reforms(抜粋)

--取材協力:Rishaad Salamat.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE