報酬1億ドルの伝説の石油トレーダー、米田舎町を桃源郷に

米シティグループの元石油トレーダ ー、アンドルー・ホール氏が、バーモント州リーディングでラベンダー せっけん作りやアンガス牛の飼育に取り組んでいる。2009年当時、公的 支援を受けたシティグループが同氏に支払った約1億ドル(現在のレー トで約96億円)の報酬をめぐって批判が巻き起こった。

ホール氏は現在、オクシデンタル・ペトロリアムの商品取引部門フ ィブロの最高経営責任者(CEO)を務めている。リーディングはバー モント州中心部にあり人口は666人。登記簿によると、同氏は2400エー カー(約970ヘクタール)を超える土地を購入。6戸以上の住宅を取り 壊し、昨年、予約制の美術館をオープンした。農場を含む不動産の資産 価値は計1380万ドルを超える。

地域の元監査役のジョン・ミッチェル氏は「他の場所はひどい状況 だ。彼はバーモント州の小さな地域だけでも昔のまま残しておこうとし ている」と語る。

リーディングはニューヨーク市から車で4時間半の場所に位置 し、251年の歴史がある。米政府からも注目されるほど多額の報酬を得 ていたホール氏は、その資産の一部でこの町の不動産を購入した。ミッ チェル氏はホール氏の取り組みを「素晴らしい」とたたえるが、他の10 人以上の住民は、住宅が取り壊されたことや固定資産税の税率が低いこ と、送電線をめぐる近隣とのもめ事などを挙げ、是非の判断は難しいと 話す。

原油高騰を予測

ホール氏は英国出身で1973年にオックスフォード大学で化学の学士 号を取得。フィブロで30年以上勤務。トム・バウアー氏の著書「Oil」 によれば、過去10年間の原油高騰を予測し、ライバルのトレーダーから は「ゴッド(神)」と呼ばれた。

シティグループは1998年にフィブロを買収。関係者が匿名を条件に 明らかにしたところによると、同行は2008年にホール氏に対し約1億ド ルの報酬を支払った。シティはこの年、450億ドルの公的支援を受けて いる。ホール氏の報酬は09年、オバマ政権で公的支援を受けた銀行の経 営幹部報酬に関する「特別責任者」を務めていたケネス・ファインバー グ氏とシティの当時のビクラム・パンディットCEOから批判を浴び た。シティは同年、フィブロをオクシデンタルに売却することで合 意。09年の一部幹部に対する報酬支払いを保留し再投資する方針を示し た。

ホール氏(62)は1980年代からリーディングで土地の取得を開始。 ウェブサイトによると、農場ではメープルシロップや植物せっけん、ア イスサイダー、野草蜂蜜、卵などを生産している。

ウィリアムソン・グループ・サザビーズ・インターナショナル・リ アルティのプリンシパルブローカー、レアード・ブラッドリー氏は「こ のような場所に来て土地を取得し、桃源郷を作る。周囲に確かな影響を 及ぼす何かをすることができる」と指摘する。

米国の田園地帯の景観を変えた富豪はホール氏だけではない。同氏 の農場から約15マイル(約24キロメートル)の場所には故ローレンス・ ロックフェラー氏が保有していた地域ウッドストックがある。現在では 国立歴史公園になっており、スタンダード・オイルを創業したロックフ ェラー一族の子孫が所蔵する美術品が展示されている。

原題:Wall Street $100 Million Man Makes Downton Abbey in Vermont Town(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE