新日鉄住金株が大幅高、高炉休止報道は「サプライズ」

新日鉄住金株が大幅続伸し、一時 1カ月半ぶりの上昇率を記録した。主力製鉄所の高炉1基を休止する方 針との一部で報道されたことが手掛かり。

株価は一時、前日比18円(7.2%)高の268円まで買われた。日中上 昇率は2月4日以来の大きさ。終値は11円(4.4%)高の261円。

12日付日本経済新聞朝刊は、新日鉄住金が君津製鉄所(千葉県君津 市)で、高炉1基を休止する方向で最終調整に入ったと報じた。今月末 に予定していた和歌山製鉄所(和歌山市)の新設高炉の稼働も延期する という。

大和証券の五百旗頭治郎アナリストは、新日鉄住金の高炉休止につ いて、市場では「踏み切らないというコンセンサスがあったのでサプラ イズだ」と指摘。休止する君津製鉄所の高炉1基は「新日鉄住金の生産 能力の6-7%、国内鉄鋼見掛け消費量の3-4%に相当する」とし、 「需給が引き締まるのは国内鉄鋼業界にとってポジティブ」と説明し た。

新日鉄住金は、君津の高炉休止については、「何も決めていない」 とのコメントを発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE