米シティグループ、モスクワ在勤の幹部2人が退社へ-関係者

米シティグループのモスクワ在勤の 株式責任者、イゴール・カン氏とセールス責任者、アナトリー・ダラコ フ氏が退社する見通しだ。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

カン氏は、モルガン・スタンレーで15年間勤務し、ロシアの副最高 経営責任者(CEO)に就任。その後、2010年にシティグループに入社 した。関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、同氏は、ロ シア最大の石油会社ロスネフチの金融部門、ロスネフチ・バンクへの移 籍を検討している。同社は昨年、モルガン・スタンレーの元幹部3人を 採用した。

収入と利ざやの減少を理由に、欧米の投資銀行はモスクワでの事業 縮小を進めている。

原題:Citigroup’s Kan, Darakov Said to Leave, Expanding Russian Exodus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE