市場の高速取引、緊急に対応必要-米次期SEC委員長候補

米証券取引委員会(SEC)の次期 委員長に指名されたメアリー・ホワイト氏は、高速取引に支配された市 場の監督には「緊急性」が必要だとの認識を示した。

ホワイト氏は「高速取引が投資家と市場の質に及ぼす影響を理解す るため、これらの問題への取り組みには緊急性が必要だ。それにより当 局は適切な対応を取れるようになる」との考えを明らかにした。米上院 銀行委員会で12日に行われる指名公聴会向けに用意した原稿が公表され た。

議員らは公聴会で、ホワイト氏が市場監督や金融関連規則の策定の 経験が乏しいことについて質問を浴びせる予定。同氏はそれに対して、 ハイフリークエンシー(高頻度)取引を利用するトレーダーの監督やオ ンライン取引で格差が生じている問題に対応する方針を表明する。ホワ イト氏(65)は連邦検察出身で、2002年の退官後は大手銀行の弁護士を 務めてきた。

原題:SEC Nominee Says High-Speed Markets Need Urgent Evaluation (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE