日銀副総裁候補・岩田氏:緩和の出口は付利引き上げと国債売却

日本銀行の副総裁候補に政府が提示 した岩田規久男学習院大学教授は12日午前、参院議院運営委員会で所信 聴取に臨み、金融緩和の出口政策について、日銀当座預金の超過準備分 に適用される「付利」の引き上げに加え、大量に買い入れた国債の売却 も選択肢の1つだという考えを示した。

岩田氏はデフレ脱却へ向け大胆な金融緩和が当分の間、必要だと言 明。政策金利が実質ゼロ%であることを踏まえ、「量的緩和を進める必 要がある」と述べた。また、物価上昇率2%の目標が望ましい形で達成 されるためには、金融政策に加え政府の成長戦略が必要だと指摘した。

具体策としては「長期国債を買っていけば、2年以内にはインフレ 率は2%に達する。あえてリスク資産に踏み込まなくてもできるかなと 思う」と表明。「様子を見てやらなければいけないので、全ての選択肢 をあらかじめ排除するのは危険だ」と述べ、リスク資産の買い入れも排 除しない姿勢を示した。

金融調節の操作目標としては「当座預金を目標にするのは、金融政 策の操作上は比較的マネタリーベースよりもやりやすい」とした上で、 「どちらが良いのかは、いろいろな専門家の意見を聞いてこれから考え ていきたい」と語った。当座預金に適用される0.1%の付利については 「FRB(米連邦準備制度理事会)もやっているので、いますぐ答えら れないが、なくてもいいかなという気持ちはある」と述べた。

辞職するのが一番

2%の物価目標を2年で達成できなかった場合の責任の取り方につ いては、あらためて「最終的に辞職するのが一番だ」という考えを示す 一方で、「それが独り歩きするのは困るので、投げ出したとは思わない でいただきたい」と語った。

名目国内総生産(GDP)を政策目標とすることについては、イン フレ目標と「非常に似ているところがある」としながらも、発表が四半 期に一度と非常に遅いほか、何度も改定されるのが難点だと指摘。「検 討には値するが、差し当たり十分な実証的な研究もないし、インフレ目 標は20数年、比較的うまくいっているので、成功経験がいっぱいある方 からやるのが常識だ」と述べた。

出口政策に関しては「一番良いやり方は、バーナンキFRB議長も 言っているが、日銀当座預金の付利を引き上げていくことだ。それによ り国債の金利の上昇を抑えられるので、まずそれからやっていく」と指 摘。「それから、国債の売りオペも少ししていくのかと思うが、市場が 混乱しないように出口を進めたい」と語った。

黒田氏と考え方はほとんど同じ

日銀総裁候補の黒田東彦氏の金融政策に対する考え方については 「所信表明などやり取りをみていると、基本的にほとんど変わらないと 思う」と指摘。副総裁候補の中曽宏日銀理事氏に関しては「十分よく分 からないが、これまでの日銀の政策では不十分だと言っており、話し合 いはできると思うので、それほど心配していない」と述べた。

岩田氏とともに聴取に出席した中曽氏は、組織運営面で総裁をしっ かり補佐することが重要な任務と述べた。その上で、物価上昇率2%の 目標の実現に向け、前例にとらわれず新しい発想で政策運営に当たる考 えを表明。「副作用を十分に見極めていく必要があるが、なお強力な緩 和を進めていける状態にある」と述べた。

白川方明現総裁の下での金融政策については「一定の効果があっ た」としながらも、「なお工夫の余地があった」と述べた。2010年10月 に始めた包括的な金融緩和策については「量も少し拡大する必要があっ たのではないか」と指摘。「いろいろなことをやってきた結果、政策の 枠組みがやや分かりにくくなってしまった」とも語った。一方で、白川 総裁個人については「金融政策に対する考え方や金融市場に対する見方 からは多くの学ぶものがあった」と述べた。

付利をなくすと市場が死ぬ

0.1%の付利については「前回の量的緩和政策の中で、実際に金利 がゼロ%まで落ちた。当時、副作用の1つとして、市場が死んでしまっ た」と指摘。「米国では0.25%などゼロ%までせず、わずかでも市場機 能を残しておいた方がいいのではないかという認識が今、中央銀行界で は共有されている」と述べ、維持すべきだという考えを示唆した。

長期国債の日銀保有残高を日銀券の発行残高以下とするルールに関 しては、資産買い入れ等基金で買い入れている長期国債と、調節に伴う 分を合わせると、「保有残高は既に銀行券発行残高を上回っている。さ らに大量の国債を買い入れていくことを決めている」と指摘。

その上で「銀行券ルールそのものを維持するかどうかという議論よ りも、日銀の国債買い入れはあくまでも強力な金融緩和を目的にしてい るものであって、財政ファイナンス(赤字穴埋め)を目的としたもので はないという情報発信をしっかりしていくことが、むしろ今は大事だと 思っている」と表明。「中長期的な財政健全化に向けた市場の信認を維 持していくことが非常に大事だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE