英マン傘下ファンド、今年のリターンは09年来の高水準-CIO

上場ヘッジファンド運用会社で最大 手、英マン・グループ傘下のフィナンシャル・リスク・マネジメント (FRM)は、同社のマルチストラテジー・ファンド・オブ・ファンズ の運用成績が2009年以降で最大となる可能性があることを明らかにし た。

FRMのキース・ヘイドン最高投資責任者(CIO)は11日のイン タビューで、社内分析に基づくと同ファンドのリターンが今年8.5%に なるとの見通しを示した。より高リスクの資産への投資意欲が高まって いることや、各市場間の連動性が薄れていることが運用改善につながる という。

FRMは昨年7月にマン・グループ傘下に入り、同グループのファ ンド・オブ・ファンズ資産160億ドル(約1兆5500億円)全ての運用を 担当している。

原題:Man Fund-of-Hedge-Funds Unit Expects Best Return Since 2009(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE