ブラジル・レアル、10カ月ぶり高値から下落-中銀介入で

11日の外国為替市場でブラジルのレ アルが10カ月ぶり高値から下落した。同国中銀はレアル安を狙って10億 ドルのリバース通貨スワップの入札を実施した。これは先物市場でのレ アル売り・ドル買いに相当する。

サンパウロ時間午前11時26分現在、レアルは対ドルで0.6%下げて 1ドル= 1.9555レアル。8日は1.9442レアルと、終値ベースで昨年5 月8日以来の高値となった。年初からは4.9%高と、ブルームバーグが 調査する新興国25通貨の中で上昇率が最も高い。

ブラジル中央銀行はこの日、2月15日以来初となるリバーススワッ プ契約(3万枚)の入札を実施、落札は2万枚だった。

原題:Brazil Real Drops From 10-Month High as Central Bank Intervenes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE