「自営」トレーダーに禁錮4年-インサイダーで約1億円利益

個人でトレーディングを行っていた ロンドンの自営業トレーダーがインサイダー取引で有罪となり、禁錮4 年の判決を言い渡された。

合併に関するインサイダー情報に基づく取引で69万2644ポンド (約9920万円)の利益を得た罪に問われていたリチャード・ジョゼフ被 告に、ロンドンの裁判所の陪審は11日、全ての罪状について有罪の評決 を下した。英金融サービス機構(FSA)のクリス・ハミルトン報道官 が明らかにした。ジョゼフ被告はJPモルガン・カザノブの印刷室で働 いていたアーシン・ムスタファ容疑者から情報を得たとされている。

検察によれば、ジョゼフ被告はムスタファ容疑者に26万8000ポンド 以上を支払った。ムスタファ容疑者はUBSの印刷室に勤務していた兄 弟のアリ・ムスタファ被告からの情報も流していた。

ジョゼフ被告の事件はFSAによる「オペレーション・サタン」の 一環で、この摘発で当局は2008年の金融危機のさなかに8人を逮捕し た。アリ・ムスタファ被告を含む6人は昨年の裁判で有罪になってい る。アーシン・ムスタファ容疑者は09年12月に英国を逃れ、キプロス北 部に身を隠しているとみられている。

ジョゼフ被告は2000年の夏以来、個人でトレーディング活動をして いた。

原題:Self-Employed Trader Guilty of Making $1 Million on Inside Tips(抜粋)

--取材協力:Kit Chellel.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE