ポルトガル:10-12月GDP改定、前期比1.8%減-9期連続縮小

ポルトガル経済は2012年10-12月 (第4四半期)に前期比で9四半期連続の縮小となった。ユーロ圏のリ セッション(景気後退)深刻化で輸出が伸び悩んだ。

国家統計局が11日に電子メールで配布した10-12月の国内総生産( GDP)改定値は前期比1.8%減少と、先月14日発表の速報値と一致し た。前年同期比では3.8%減。7-9月(第3四半期)GDPは前期 比0.9%減だった。

原題:Portuguese Economy Contracts for a Ninth Quarter, INE Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE