インド株:5日ぶり下落、割高感で-ヒーローとソフト関連安い

11日のインド株式相場は5営業日ぶ りに下落。インド準備銀行(中央銀行)が政策金利を実際に引き下げる 見通しに照らし、先週の相場上昇は行き過ぎとの見方が一部で広がっ た。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前週末 比37.02ポイント(0.2%)安の19646.21で終了。売買高は30日平均 を15%下回った。インド最大の二輪メーカー、ヒーロー・モトコープも 5営業日ぶりに下落。タタ・コンサルタンシー・サービシズを中心にソ フトウエア輸出銘柄に売りが目立った。

センセックス30種は先週4%上げ、週ベースで昨年11月以来の大幅 上昇となった。インド中銀が19日の政策決定会合で利下げに踏み切ると の見方が広がったことが背景。ブルームバーグの集計データによると、 指数構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は13.8倍と、2 月末の13.3倍から上昇した。

原題:Indian Stocks Retreat, End Four-Day Advance; Hero Leads Decline(抜粋)

--取材協力:Shikhar Balwani.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE