香港株(終了):ハンセン指数、小幅安-中国統計が期待外れ

香港株式市場では期待外れの中国経 済指標を受け下落した銘柄が増えた。ハンセン指数は小幅安。2月の米 雇用統計で雇用者数が予想以上の伸びを示したことで、一時は上昇して いた。

収入の半分を乳製品や飲料で稼ぐ菓子メーカーの中国旺旺(151 HK)は4.3%安と、8日に付けた上場来高値から反落。食肉供給で中国 2位の中国雨潤食品集団(1068 HK)は7%安。通期の業績低迷見通し が嫌気された。中国最大のインターネット企業、テンセント・ホールデ ィングス(騰訊、700 HK)も安い。

一方、米ウォルマート・ストアーズに玩具や衣料品を納入するリ ー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.6%上昇した。香港で唯一の 人民元の決済銀行である中国銀行(香港、2388 HK)は1.9%高。米モル ガン・スタンレーの投資判断引き上げが好感された。

ハンセン指数は前週末比1.13ポイント安の23090.82で終了。一時 は0.7%高まで上昇していた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週 末比0.4%安の11435.82。

野村ホールディングスのグローバル株式ストラテジスト、マイケ ル・カーツ氏(香港在勤)は「香港の株式相場は主に米中両国の成長見 通しや米国の金融政策に左右される」と指摘した。

原題:Most Hong Kong Stocks Decline on China Data; Want Want Retreats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE