「われわれのECBに干渉するな」-独FDPが党大会で主張

ドイツの自由民主党(FDP)を率 いるレスラー経済技術相は、欧州に広がるユーロ安誘導の試みと闘い、 欧州中央銀行(ECB)の独立性を守るために立ち上がると表明した。

メルケル政権の連立パートナーであるFDPがベルリンで9日開い た党大会で、党首である同相は各国政府が緊縮策と競争力強化を目指す 政策に抵抗する一方で、人為的にユーロ相場を引き下げることを議論し ていると指摘。欧州に「新たな危険」が表面化しつつあると断じた。こ うした動きはインフレ加速のリスクを伴い、中間所得層や預金者、年金 生活者にはマイナスだとしている。ドイツでは9月22日に連邦議会選挙 を控えている。

レスラー経済技術相は「だからわれわれは安定的な通貨のために懸 命に闘っている。われわれはECBの独立性に政治的な影響を及ぼそう とする試みを致命的だとみている。安定的な通貨に対する脅威であり、 FDPが『われわれのECBに干渉するな』と呼び掛ける理由だ」と述 べた。

原題:Merkel’s FDP Partner Says ‘Hands Off ECB’ in Election-Year Vow(抜粋)

--取材協力:Tony Czuczka.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE