オークツリー、230億円でオフィス物件取得-ウェルズFに賃貸

ディストレス債投資で世界最大手の 米オークツリー・キャピタル・グループの傘下部門は、オフィス物件40 件を米不動産投資信託(REIT)から2億4000万ドル(約230億円) で取得した。

オークツリーが11日発表した資料によれば、物件はノースカロライ ナ州やフロリダ州など米国の8州に位置し、総面積は31万5900平方メー トル。うち90%は米銀ウェルズ・ファーゴに貸し出され、事業活動やデ ータセンターに活用されている。オークツリーの傘下部門は今回、銀行 への事業用スペース賃貸を手掛けるナショナル・ファイナンシャル・リ アリティー(非上場、ロサンゼルス)と共同で物件を取得した。

ナショナル・ファイナンシャルのビンセント・ペレリト社長兼最高 経営責任者(CEO)によると、物件を売却したのは不動産投信 「KBS REIT I」(カリフォルニア州)傘下のファースト・ステ ーツ・インベスターズ。KBSは1年前、債務返済と投資家への資金返 還のために資産を売却していることを明らかにしていた。

原題:Oaktree Group Buys Wells Fargo-Leased Offices for $240 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE