日銀総裁候補・黒田氏:物価目標実現へデリバティブの活用も検討

政府が次期日本銀行総裁候補として 国会に提示した黒田東彦アジア開発銀行総裁は11日午前、参院議院運営 委員会で所信聴取に臨み、日銀が掲げる物価上昇率2%の目標を「1日 も早く実現することが何よりも重要な使命」とあらためて述べた上で、 具体的施策としてスワップ取引などのデリバティブ(金融派生商品)の 活用も検討する姿勢を示した。

黒田氏は「日銀はこれまでもいろいろな措置を取ってきたのは事実 だが、15年続いたデフレを是正できなかったことという意味では、明ら かに不十分な金融緩和だった」と言明。「現時点の日銀の金融緩和の状 況では2%の物価安定目標を早期に実現することは難しいと思うので、 当然、さらなる金融緩和が必要だ」と語った。

具体的には、「国債についてどんどん長期を購入していって、長期 金利への影響を強めていかなければならない。あるいは、民間の資産に ついても、リスクプレミアムが過大なところは縮める。そういう意味で は量的、質的に大胆な金融緩和をしていく」と述べた。

さらに、具体的施策の一環として「スワップ、その他のデリバテイ ブ市場に出ていくのがいいのか、よくないのか、いろんな議論がある が、十分ご提案をうかがい検討していく」と述べた。

必ずや実現する

また、「金利引き下げの余地が乏しい現状では、市場の期待に働き 掛けることが不可欠だ」と表明。総裁就任後は「市場とのコミュニケー ションを通じて、デフレ脱却に向けてやれることは何でもやるという姿 勢を明確に打ち出していきたい」との考えをあらためて示した。

その上で、2%の物価目標は「必ずや実現するというつもりでい る」と言明。「2%の物価安定目標の実現は日本銀行総裁に課された最 大の使命であり、それを果たさなければならないし、私は任命されたら 必ず果たす」と表明した。総裁就任後の政策については「スピード感は 非常に重要だ」としながらも、「就任していない段階で、最初の会合で どのようにするかは申し上げる状況ではない」と語った。

日銀当座預金の超過準備に適用される0.1%の付利の引き下げ、な いし撤廃については「短期金融市場が機能しやすいというメリット」が ある一方で、「短期金利が実際にゼロになることを妨げている」「金融 緩和をより進めるためには障害になっている」「ゼロにするどころかマ イナスにすべきだ」など、賛否両論あると指摘。その上で、「現時点で 直ちに付利を下げるとか、マイナス金利を付けるとかは考えてないが、 十分議論されるべきだ」と述べた。

方向性が間違ったら「大胆に変化」

自身の方向性が間違っていると考えられたら、持論を捨てて方向転 換する勇気はあるか、と問われ、「もとより、そういった覚悟でいる」 と言明。「経済の実態、金融の状況が変化すれば、当然、政策も大胆に 変化させていくことになる」と述べた。

さらに、「2%の物価安定目標自体が簡単に変わるとは思わない」 とした上で、「2%を上回ることも、下回ることも望ましくないので、 当然、経済・金融の実態に応じて、機動的に政策は決定されなければな らないと思っている」と語った。

この日で東日本大震災から2年が経過することに関連し、「いまだ 復興が完全に実現したわけではなく、経済に傷痕が残っているのは事実 であり、日銀としてもそういうものへも十分な対応を考えていかなけれ ばならない」とも述べた。

--取材協力:Takashi Hirokawa. Editors: 小坂紀彦, 杉本 等

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE