米下院予算委員長:予算案は歳出の伸びを年3.4%に抑制

ライアン米下院予算院長(共和、ウ ィスコンシン州)は向こう10年での財政均衡を目指して自身がまとめ た2014会計年度(13年10月-14年9月)予算案について、オバマ米大統 領の医療保険改革法の撤廃を想定しており、歳出の伸びを年3.4%に抑 制するものだと説明した。

ライアン委員長は今週公表する予算案についてテレビ番組「フォッ クス・ニュース・サンデー」で、従来案では40年までに実現するとして いた約5兆ドル(約480兆円)の歳出削減を向こう10年で行うものだと 述べた。

12年の米大統領選で共和党の副大統領候補だったライアン委員長 は、今年1月に議会と大統領が合意した6000億ドル強の新たな税収が10 年後の財政均衡の実現を支えると述べた。

ライアン委員長は、歳出の伸びを年4.9%ではなく3.4%に抑えるこ とで、10年で5兆ドルの削減になると説明した。

原題:Ryan Says His Budget Slows Annual Spending Growth to 3.4% (1)(抜粋)

--取材協力:Jeff Kearns、Kathleen Miller.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE