パナ初の女性取締役の大田氏:企業は成長分野集中を-M&Aも手

パナソニックで初の女性取締役に就 任する元経済財政担当相の大田弘子政策研究大学院大学教授は、電機メ ーカーを含めた日本企業全般について「GEやシーメンスのように事業 を大胆に成長分野に集中させることが必要だ」と指摘、手段として合 併・買収(M&A)を例示した。

7日にブルームバーグのインタビューで語った。大田氏は、日本企 業が高度な技術を持ちながら、個々の技術や商品を統合して収益を上げ る能力は弱いと指摘。その上で成長分野の生命科学、農業、省エネなど に注力すべきだと強調した。また、「製造業も知識産業であり、医療機 器、環境エネルギーなどの分野で重要な役割を担っている」と述べた。

安倍晋三政権で規制改革会議の議長代理も務める大田氏は、パナソ ニックの6月26日開催予定の株主総会などを経て取締役に就く。1世紀 近い社歴でこれまで女性取締役はいなかった。2000年7月から2年間は アドバイザリー・ボードのアドバイザーを務めていたこともあった。

構造改革中のパナソニックは、薄型テレビなど家電関連事業のスリ ム化などを通じて、88あるビジネスユニットを56まで減らす方針。月末 には新しい中期経営計画を発表する。

大田氏は代表的な日本企業のパナソニックが「成長分野を見つける ことは、日本経済に必要だ」と強調。日本企業が選択と集中を加速させ て「新陳代謝を促す」にはM&Aの活用が重要だと語った。その上で、 各社はもっと買収などでリスクを取るべきだとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE