メタンハイドレートからのガス生産、間もなく開始-世界初

「燃える氷」ともいわれる海底資源 メタンハイドレートの生産が間もなく始まる。海底に眠るメタンハイド レートからのガス採取は世界初の試み。

経済産業省所管の独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (JOGMEC)と産業技術総合研究所、石油資源開発が1月に愛知県 の約80キロメートル沖合で産出試験の準備に着手。掘削装置の設置など が終わり、メタンハイドレートからガスを取り出す。

JOGMECは、この周辺の海域に日本の年間ガス消費量の約14年 分相当のメタンハイドレートの埋蔵を見込む。政府は2008年にカナダと の共同研究で、陸上の永久凍土層にあるメタンハイドレートから減圧法 によるガス生産に成功しており、18年度の商業化を目指している。

今回ガスを取り出すのは水深1000メートルの海底からさらに約300 メートル下にある層。低温・高圧の環境で水の分子にメタン分子が入り 込んでシャーベット状になったメタンハイドレートを、海底下でガスと 水に分解。深海掘削船「ちきゅう」が減圧法と呼ばれる方法で海上まで 吸い上げる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE