西村内閣府副大臣:円安・株高は期待先行、非常に不安定な基礎に立つ

西村康稔内閣府副大臣は9日、円 安・株高は期待先行で非常に不安定な基礎に立って進んでおり、政策効 果による裏付けが必要だと強調した。読売国際経済懇話会、読売新聞が 主催した都内でのフォーラムで語った。

西村副大臣は安倍晋三政権誕生に伴う為替・株式市場の動向につい て「ものすごくスピード感のある円安、株高になっている」と指摘。そ の背景として、米国経済回復の兆しや欧州債務危機の鎮静化、日本銀行 の大胆な金融緩和への期待を挙げた。今後の取り組みについて金融緩 和、財政出動、成長戦略を柱とする「アベノミクス」を「本当に実行し ていかなければいけないというところにきている」との考えを示した。

環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題については「個人的には 参加をすべきだと思っているが、いま、最終の調整をしている状況だ」 と指摘。政府として公式に参加を表明する日時については「いつになる かはまだ承知をしていない」と述べるにとどめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE