デュークFRB理事:量的緩和が住宅改善に貢献-ペース調整あり得る

米連邦準備制度理事会(FRB)の デューク理事は8日、住宅ローン担保証券(MBS)など850億ドル相 当を毎月購入するFRBの量的緩和(QE)による景気刺激の効果が、 住宅市場の改善によって示されていると語った。米コロラド州エイボン での講演で発言した。

デューク理事はその一方で、FRBの大きなプレゼンスによって MBS市場にゆがみが生じる始める場合には、「MBSの購入ペース調 整をある時点で行うことが適切であることも十分考えられる」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE