北朝鮮は8日、国連安全保障理事会 が同国に対する制裁強化決議を全会一致で採択したことに反発し、1953 年の朝鮮戦争休戦協定を破棄し、南北直通電話も遮断すると宣言した。

国連安保理は7日、核実験を2月12日に強行した北朝鮮に対する制 裁決議を賛成15、反対0で採択。決議案は米国と中国が作成した。北朝 鮮はこれに先立ち、米国を含む「侵略者」に対して核の先制攻撃を行う と警告していた。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は前線部隊を視察 し、「全面戦争」に向けて軍の準備は整っていると述べたと、朝鮮中央 通信(KCNA)が8日報じた。

今回採択された追加制裁は、北朝鮮外交官による「不法行為」のほ か、多額の送金、北朝鮮の弾道ミサイルや核兵器開発計画につながる現 金や物資を提供する銀行や企業が対象となる。

安保理議長国であるロシアのチュルキン国連大使は「われわれの警 告は聞き入れられなかった」とした上で、「今や選択肢は北朝鮮にあ る」と指摘。さらに「他の利害関係者は責任ある行動をすべきだ」と述 べた。

原題:North Korea Scraps Armistice After UN Vote to Tighten Sanctions(抜粋)

--取材協力:Indira A.R. Lakshmanan、Shinhye Kang.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE