中国商務相:円安に懸念表明-新興諸国の大きな打撃に

中国の陳徳銘商務相は8日、円を含 む主要通貨の下落が新興諸国に打撃を与えると懸念を表明した。

陳商務相は「円やドル、ユーロを含む主要通貨の比較的、大幅な値 下がりが、中国や他の新興国に大きな打撃を与えるだろう」と発言。自 国・地域での必要性から採用した量的緩和策を「他国に広げ、影響を及 ぼすべきではない」と述べた。同相は北京で開催されている全国人民代 表大会(全人代、国会に相当)に合わせて開いた記者会見で、円安が中 国の貿易に与える影響についての質問に答えた。

円は対ドルで過去4カ月に約16%下落。ブルームバーグが集計した データによると、中国人民元は円に対して同期間に約17%上昇した。

陳商務相は「今年の物価上昇を警戒している。競争的な切り下げが 通貨の過剰供給を招き、世界の経済成長にマイナスの影響を及ぼさない か心配だ」とも語った。

原題:Commerce Minister Chen Adds Voice to China Concerns on Yen (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE