銅トレーダー、5週間で最も強気-ヘッジファンドと見方相違

銅アナリストは過去5週間で最も強 気な姿勢を示している。世界景気が堅調さを増しているとの楽観的な見 方が高まっているためだ。一方、ヘッジファンドの売り越しは昨年8月 以降で最大となった。

ブルームバーグが実施した調査では、アナリスト13人が来週の銅相 場は上昇するとの見通しを示し、下落を予想したのは4人、中立姿勢を 示したのは3人だった。強気姿勢を示した人の割合は2月1日以降で最 大となった。

米ゴールドマン・サックス・グループは3月1日、銅相場が半年 で16%上昇するとの見通しを示し、買いを推奨した。一方、ロンドン金 属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫が約2年ぶりの高水準に増加し たことを受け、ヘッジファンドなど投機家は昨年11月以降で初めて売り 越しに転じた。

原題:Copper Traders Diverge From Hedge Funds on Recovery: Commodities(抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz、Isis Almeida、Luzi Ann Javier、Glenys Sim、Jae Hur、Sungwoo Park、Jeff Wilson、Marvin G. Perez.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE