英バークレイズ:28%の人員削減、10万人体制を目指す可能性

英銀2位バークレイズのアントニ ー・ジェンキンス最高経営責任者(CEO)は、自動化とオンラインバ ンキングによる省力化に伴い、今後約10年で30%近い人員削減を実施す る可能性があると一部株主との会合で明らかにした。事情に詳しい関係 者2人が協議の非公開を理由に匿名を条件に語った。

ジェンキンスCEO(51)は、バークレイズの長期的な将来像を話 し合う株主との会合で、約10年間で行員の数を現在よりも28%少ない10 万人程度まで減らすことが想定可能だと述べた。

バークレイズは7日、コスト削減のためのシステム自動化を統括す る最高執行・技術責任者にシェイガン・ケラドピル氏を起用すると発表 した。同行は今年2月、年間経費を17億ポンド(約2430億円)圧縮する ことを目指し、3700人を削減する計画を公表した。

ジェンキンスCEOの発言については、英スカイニューズが7日に 先に伝えていた。バークレイズの広報担当はコメントを控えている。

原題:Barclays CEO Said to See 28% Staff Drop in Decade on Automation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE