ブラジル株続伸、バチスタ氏銘柄が買われる-2日間で5.2%高

7日のブラジル株式市場でボベスパ 指数は続伸。資産家エイキ・バチスタ氏が金融グループのBTGパクチ ュアルと資金調達契約を結んだことを受け、同氏が所有する企業が物色 された。指数の前日からの上昇率は、世界の株価指数の中で最大となっ た。

バチスタ氏が所有する石油会社OGXペトロレオ・エ・ガス・パル チシパソンエスは16%高と、約4年ぶりの大幅上昇。港湾事業のLLX ロジスチカは10%高で6週間ぶり高値となった。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は5%高。ディーゼル油を予想 外に値上げしたことを受け、クレディ・スイス・グループが投資判断を 「買い」相当に引き上げた。電力のエレトロパウロ・メトロポリターナ は9.7%高で2008年10月以来の大幅高となった。

ボベスパ指数は前日比1.6%高の58846.81。この2日間で計5.2%値 上がりし、ブルームバーグが集計する世界の94の主要株価指数で最大と なった。

証券会社クレア・コレトラのアナリスト、フェルナンド・ゴンエス 氏(サンパウロ在勤)は電話取材に対して「バチスタ氏がBTGと結ん だ契約は間違いなくポジティブなものだ。同氏の企業がボベスパ指数に 占める割合は大きいので、指数全体にとっても前向きな材料だ」と述べ た。

原題:Bovespa Index Posts World’s Biggest Two-Day Gain as OGX Surges(抜粋)

--取材協力:Julia Leite.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE