米労働生産性:第4四半期は4年ぶりの大幅低下

昨年10-12月(第4四半期)の米労 働生産性は4年ぶりの大幅な低下だった。一方、雇用が増え労働時間が 伸びたため、労働コストは加速した。

米労働省が発表した昨年第4四半期の非農業部門労働生産性指数 (確定値)は前期比年率1.9%低下した。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想の中央値は1.6%低下。速報値は2%低下だった。7- 9月(第3四半期)は3.1%上昇。

単位労働コスト指数(単位当たりの生産に要する労働コスト) は4.6%上昇。速報値の4.5%上昇から上方修正された。予想は4.3%上 昇。

2012年通年の生産性は0.7%上昇(前年は0.6%上昇)。2000-11年 の平均は2.3%上昇。通年の労働コストは0.7%上昇(同2%上 昇)。2000-11年の平均は1%上昇。

第4四半期の生産指数は0.5%上昇と、前四半期の4.7%上昇から急 減速した。労働総投入量指数は2.5%上昇。前四半期は1.6%上昇だっ た。

統計の詳細なデータ{NSN MJALI13T6SQZ}をクリックしてご覧くださ い。

原題:U.S. Productivity Fell in Fourth Quarter as Labor Costs Rose (1)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE