米貿易赤字:1月は予想上回る16.5%拡大-原油輸入増が影響

1月の米貿易赤字は市場の予想以上 に拡大した。原油輸入の増加が影響した。

米商務省が発表した1月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比16.5%拡 大し、444億ドルとなった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は426億ドルの赤字。昨年12月の貿易赤字は381億 ドル(速報値385億ドル)で、3年ぶりの低水準だった。

4キャストのシニアエコノミスト、デービッド・スローン氏(ニュ ーヨーク在勤)は「全体的な状況として、今年はかなり安定している」 とした上で、「輸出はやや増加するだろう。世界の大半の地域で経済は 成長しつつある」と続けた。

1月の輸入額は1.8%増の2289億ドル(前月は2248億ドル)。燃料 輸入の大幅増を反映した。原油の輸入量は841万バレルと、昨年8月以 来の高水準。前月は719万バレルだった。

石油を除いたベースでの貿易赤字は201億ドル。前月は195億ドルだ った。

全体の輸出額は1.2%減の1845億ドル。工業製品の輸出が26億3000 ドル減った。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を控除し た実質財収支は480億ドルの赤字と、赤字幅は前月の442億ドルから拡大 した。

い。

原題:Trade Deficit in U.S. Widens More Than Forecast on Oil (1) (抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE