英中銀:資産購入枠を3750億ポンドで維持-政策金利も据え置き

イングランド銀行(英中央銀行)は 7日の金融政策委員会(MPC)で、資産買い取りプログラムの規模 を3750億ポンド(約53兆1900億円)で維持することを決めた。同プログ ラム開始から4年が過ぎ、当局者らは景気支援のための急進的な方法を このところ議論している。

資産購入枠の維持は、ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト39 人を対象に実施した調査で29人が予想した通り。残る10人は少なくと も250億ポンドの拡大を見込んでいた。予想がこのように分かれたの は、先月のMPCで意見が割れたほか、その後も委員らからマイナス金 利や資産購入の期間延長など、追加措置をめぐるコメントが相次いだこ とを反映している。

過去2年にわたりほとんど成長できなかった英経済の支援方法で幅 広い議論が行われる中、英中銀はマーク・カーニー氏を次期総裁に迎え る。同氏は政策がまだ「限界に達していない」との見解を示している。

インベステック・セキュリティーズ(ロンドン)のエコノミスト、 フィリップ・ショー氏は「最終的に非常にぎりぎりの決断に恐らくなっ ただろうが、より多くのMPC委員を量的緩和拡大の支持に駆り立てる ようなニュースが増えた事実は過去数週間になかった」と指摘。「英経 済は恐らく3番底を回避しただろうし、サービス業が回復しているとの 期待は膨らんでいる」と続けた。

MPCは政策金利であるレポ金利は過去最低の0.5%に据え置い た。同金利は、量的緩和が始まった2009年3月以来変わらずとなってい る。今回のMPCの議事録は20日に公表される。

原題:BOE Keeps QE on Hold as Officials Weigh More Radical Tools (1)(抜粋)

--取材協力:Jennifer Ryan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE