アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国株は下落、インド株上昇

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、指標のハンセン指数が小安く引けた。中国の消 費関連株が売られた。一方、米ウォルマート・ストアーズに玩具や衣料 品を納入するリー・アンド・フォン(利豊)は米経済の回復を手掛かり に上昇した。

靴小売りで中国最大手の百麗国際(1880 HK)は3%安。菓子メー カーの中国旺旺(151 HK)は1%下落した。カジノ運営のMGMチャイ ナ・ホールディングス(米高梅中国、2282 HK)も3.4%下げた。

リー・アンド・フォン(494 HK)は3.6%高。米連邦準備制度理事 会(FRB)が6日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で は、米経済が緩やかなペースで拡大しているとの認識が示された。ばら 積み船運航最大手の中国遠洋(チャイナ・コスコ・ホールディング ス、1919 HK)は2.1%上昇した。

ハンセン指数は前日比6.40ポイント安の22771.44で終了。ハンセン 中国企業株(H株)指数は0.4%安の11311.45で引けた。

アトランティス・インベストメント・マネジメント(西京投資)の 劉央会長は「政策面で何が起きているかを消化するために、市場参加者 は小休止している」と述べた上で、「今から6月までの間、相場はレン ジ内での動きになるだろうが、夏休みを過ぎてから主要な市場に投資家 が戻り、新たな上昇相場が生まれると思う」と語った。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。金融株やヘルスケア関連銘柄を中心に売られ た。証券監督当局が新規株式公開(IPO)の承認を再開するとの報道 が懸念材料。今週発表の中国経済指標で貿易が鈍化し、インフレ加速が 示されるとの見通しも相場を圧迫した。

平安銀行(000001 CH)が下落。同行株のボラティリティ(30日 間)は4年ぶりの高水準に達した。北京銀行(601169 CH)も安い。中 国証券監督管理委員会(証監会)がIPOの承認を6月に再開する可能 性があると、上海証券報が関係者の話を引用して伝えた。

医薬品メーカーの康美薬業(600518 CH)は約3カ月ぶりの大幅 安。複数のテクニカル指標で下落が示唆されていた。中国平安保険(集 団、601318 CH)や中国東方航空(600115 CH)も売られた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比22.89ポイント(1%)安の2324.29で終了。今週 の下落率は1.5%に広がった。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は前日比1.2%安の2619.48で引けた。

交通銀行の中国調査部門責任者、洪灝氏(香港在勤)は「ボラティ リティが上昇しており、企業業績やIPOについて市場参加者が安心す るまで落ち着く公算は小さいだろう。リスク回避の動きが高まってい る」と語った。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。インドのソフトウエア輸出企業にとって最 大の市場である米国の景気回復を楽観し、関連銘柄が買われた。 CLSAアジア・パシフィック・マーケッツによる投資判断の引き上げ を手掛かりにラーセン・アンド・トゥブロも高い。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比160.93ポイント(0.8%)高の19413.54で引けた。終値としては2 月20日以来の高値。

ソフトウエア輸出でインド最大手のタタ・コンサルタンシー・サー ビシズは1.8%上げ、上場来高値に達した。同業のインフォシスは1.2% 上昇。エンジニアリングで同国最大のラーセンは2.2%高。

米国ではサービス業活動が1年ぶりのハイペースで拡大したほか、 米連邦準備制度が景気刺激策を続けるとの楽観が高まっている。インド のソフトウエア輸出大手は売り上げの半分以上を米国で稼ぐ。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比7.59ポイント(0.2%)安の5109.20。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比16.34ポイント(0.8%)安の2004.40。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比10.21ポイント(0.1%)高の7960.51。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE