インド株:上昇、ソフトウエア株高い-米景気回復を期待

7日のインド株式相場は上昇。イン ドのソフトウエア輸出企業にとって最大の市場である米国の景気回復を 楽観し、関連銘柄が買われた。CLSAアジア・パシフィック・マーケ ッツによる投資判断の引き上げを手掛かりにラーセン・アンド・トゥブ ロも高い。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比160.93ポイント(0.8%)高の19413.54で引けた。終値としては2 月20日以来の高値。

ソフトウエア輸出でインド最大手のタタ・コンサルタンシー・サー ビシズは1.8%上げ、上場来高値に達した。同業のインフォシスは1.2% 上昇。エンジニアリングで同国最大のラーセンは2.2%高。

米国ではサービス業活動が1年ぶりのハイペースで拡大したほか、 米連邦準備制度が景気刺激策を続けるとの楽観が高まっている。インド のソフトウエア輸出大手は売り上げの半分以上を米国で稼ぐ。

原題:Indian Stocks Advance Most in Asia, Led by Software Exporters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE