実務型内閣か、公算小さい超党派政権か-伊大統領が鍵握る

元共産主義者で第2次大戦中にはフ ァシズムと戦うレジスタンス活動に参加したジョルジョ・ナポリターノ 氏は、イタリア大統領としての最後の闘いに備えている。5月の任期切 れ前にイタリア政界を混迷から抜け出させることを目指す。

ナポリターノ大統領(87)の課題は、先月の総選挙の結果、過半数 の与党が生まれず宙ぶらりんとなっている議会への対応だ。再選挙を回 避するために大統領にできるのは、超党派政権の樹立もしくは少数政権 の容認、あるいはモンティ首相が率いた政府と同じように民間人を首班 とする実務型内閣の組閣を促すことだ。

シュローダー・プライベート・バンキングのイタリア部門CIO (最高投資責任者)のマリオ・スプレアフィコ氏は電話インタビュー で、市場が織り込みつつあるのは2つのシナリオだと指摘。1つは「再 び実務型内閣をつくることで、もう1つは可能性はずっとずっと低いが 超党派政権」だと語った。

同氏は、双方のシナリオともあらためて総選挙が行われる前の「一 時的な解決策となるだろう」との認識も示した。

原題:Napolitano Girds for Battle to Resolve Italy Election Impasse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE