サムスン電子、米ロビー活動費が急増-アップルとの訴訟背景か

韓国のサムスン電子の米国での携帯 電話販売は2008年から倍増しているが、米国のロビー活動費はそれを上 回るペースで増えている。同社は米国で反ダンピング(不当廉売)措置 に直面しているほか、米アップルとの訴訟が長引いている。

当局への届け出によると、サムスンの昨年のロビー活動費は90万ド ル(約8450万円)と、前年の15万ドルから増加。同社は知的財産権の侵 害や通信インフラなどの問題で、米連邦政府に影響を与えようとしてい る。政府との関係を担当する新たな部署の責任者として、ソニー出身の ジョエル・ウィギントン氏を起用した。

同社はアップルと4大陸で特許訴訟を繰り広げており、こうした中 でサムスンのロビー活動費が増えている。米国の訴訟では昨年8月、サ ムスンがアップルの携帯端末の特許を侵害したとして、サムスンに約10 億ドルの損害賠償支払いを命じる評決が下された。

米政府のロビー活動関連の情報開示届け出データベース(1999年開 始)によると、サムスンの昨年のロビー活動費は単年としては最高とな った。それまでの最高は08年の37万ドルだった。

サムスンは発表資料で、ロビー活動の拡大について「日々の事業活 動や当社の本国以外での事業拡大、当社の透明性へのコミットメントの 一環としての慎重な措置だ」と説明した。 それ以上のコメントは控え た。

原題:Samsung’s $1 Billion Fight With Apple Spurs U.S. Lobbying Push(抜粋)

--取材協力:Jungah Lee、Jonathan D. Salant、Susan Decker、Alan Ohnsman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE