【個別銘柄】タイヤ株上昇、ポイントや住友化は急伸、シャープ急落

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

タイヤ株:ブリヂストン(5108)が前日比4.2%高の3090円、住友 ゴム工業(5110)が2.2%高、横浜ゴム(5101)が1.4%高など。シティ グループ証券では、米国や新興国を中心に市販タイヤ需要が今後回復局 面に入る可能性が高まったとし、セクター判断を「強気」へ転換。大手 3社をそろって「中立」から「買い」へ格上げし、ブリヂストをトップ 推奨とした。大手3社の2013年12月期に新興国で稼ぐ営業益は約1000億 円と前期から3割増える見通し、と7日付の日本経済新聞朝刊は報じ た。ゴム製品指数は東証1部業種別上昇率1位。

ポイント(2685):9.1%高の4005円。JPモルガン証券では投資 判断を「中立」から「オーバーウエート」へ引き上げた。販売底打ちや 不採算店閉鎖などで13年度以降の業績見通しが改善、と指摘した。小売 セクターでの数少ない「出遅れ、割安株」と評価している。

住友化学(4005):5%高の274円。CLSAアジアパシフィッ ク・マーケッツは、新規に「買い」に格付けした。基礎化学の構造改 革、円安、IT製品の出荷増などが業績に寄与、と指摘。14年3月期経 常利益は前期比ほぼ倍増の970億円を予想、15年3月期は同19%増 の1150億円の見込み。13年3月期予想は490億円(会社計画450億円)。

旭化成(3407):3.1%高の598円。野村証券では、投資判断を「中 立」から「買い」へ引き上げた。住宅、医薬、クリティカルケアの好調 が続いている上、ケミカル事業がボトムアウトしたと分析。自力成長が 期待できる総合化学として評価した。

シャープ(6753):7.9%安の314円。6日発表したライバル韓国サ ムスン電子からの出資受け入れについて、ゴールドマン・サックス証券 では、交渉力はサムスン側にあった可能性が高く、シャープは提携実現 のためかなり譲歩した条件を飲んだ可能性があると指摘。さらなる資本 増強も不可欠だとし、投資判断「売り」を継続した。一方、7日付の読 売新聞朝刊は、郭台銘・鴻海精密工業会長が堺工場で5日予定していた シャープ社長との会談を急きょ中止していたと報じた。

トレンドマイクロ(4704):4.7%高の2693円。きょうから29日ま で自社株買いを実施すると発表した。取得上限は発行済み株式数 の0.91%、30億円。株式需給改善に対する期待が高まった。

昭和電工(4004):2.1%安の141円。野村証券では、現状株価は目 標株価に近づいているとし投資判断を「買い」から「中立」へ引き下げ た。一方、円安を考慮して目標株価を140円から155円に上げ。新たな目 標株価を用いた13年12月期予想基準株価収益率(PER)は13倍 (PBR0.8倍)としている。

新光電気工業(6967):4.3%高の795円。マッコーリー証券では投 資判断を「中立」から「アウトパフォーム」へ格上げした。今後2年間 は高機能携帯電話(スマートフォン)など非PC事業に成長機会と分 析。14年3月期営業益予想を48億円から107億円に増額、前提為替レー トを1ドル=85円から90円に変更。目標株価は700円から1000円に引き 上げた。

ジーエス・ユアサコーポレーション(6674):9%高の437円。米 連邦航空局(FAA)がボーイング社の「787」の試験飛行を開始する 計画を数日中に承認する方向だ、とロイター通信が伝えた。匿名の関係 者を引用している。バッテリー不具合問題の早期収束が期待された。

オリンパス(7733):5.5%高の2210円。14年3月末までに有利子 負債を13年3月末見通し比1000億円程度削減する方針と、7日付の日経 新聞朝刊が伝えた。昨年6月に公表した中期計画を上回るペースとい う。

東ソー(4042):5.2%高の263円。SMBC日興証券では13年3月 期通期計画の上振れ余地や14年3月期の業績変化率の大きさをポジティ ブに評価するとし、投資判断を「2(ニュートラル)」から「1(アウ トパフォーム)」へ引き上げた。

ピジョン(7956):4.2%高の6150円。一時6350円と、1995年の東 証上場以来の最高値だった。野村証券では目標株価を4400円から7200円 に引き上げた。投資判断は「買い」継続。海外事業の増収モメンタムが 強く、人口が増加する新興国での事業成長が中長期的に持続する確度が 高まったとし、今後10年の平均営業増益率予想を7.8%から9.5%に変更 した。

レオパレス21(8848):3.8%安の403円。ドイツ銀行に対し、第 3回新株予約権の行使を許可と7日朝発表。許可した新株予約権は1400 万個、行使価格は350円。レオパレス広報担当の石垣健太氏によると、 ドイツ銀が全て予約権を行使した場合、発行済み株式総数は約7%増加 する見込み。

ジェイアイエヌ(3046):9.2%高の5210円。一時は5230円と上場 来高値を更新した。野村証券では投資判断「買い」を継続するととも に、目標株価を1900円から6200円へ引き上げた。足元の販売は好調に推 移している上、強みである商品企画やビジネスモデルの先進性が中長期 にわたり国内メガネ市場の拡大と同社のシェア上昇を可能にすると評価 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE