米シェール革命でエンジニアの獲得競争激化-人件費も高騰

長年、原油を探し求めてきた米石 油・天然ガス業界が今、シェール層に眠る潤沢な原油の掘削に不可欠な 技術者の獲得と、これらの技術者への報酬の支払いに必死になってい る。計画されている総額1000億ドル(約9兆4000億円)に上る石油関連 プロジェクトがリスクにさらされる可能性があるからだ。

NESグローバル・タレントのデータによると、エンジニアなどの 専門職の昨年の報酬の平均は、職種や経歴に応じて18万3000-28万5000 ドル。伸び率は2009年以降で20-50%。エネルギー・鉱業分野の労働者 の報酬の08年以降の伸びは他業種の9倍に達している。給与関連のデー タを提供するペイスケールによれば、石油工学を学んだ新卒者の初任給 は約9万8000ドルと、08年以降9.7%上昇している。

シェール革命の拠点となっている最新の化学・精製・輸出施設では これらのエンジニアを早急に必要にしている。シェール革命でガス価格 が割安となっているため、米企業は競争上、優位に立っている。NES グローバルとパイパー・モーガン・アソシエーツによると、シェールプ ロジェクトとそれに伴うインフラの増設により人材獲得競争が激化し、 地球科学者やエンジニアなど技術者の人件費は20年までに2倍に上昇す ると予想されている。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人件費の上昇によりオ ーストラリアやカナダでもエネルギー関連施設の事業コストは最大20% 上昇しており、さらに膨らむと予想されている。総額1000億ドルに上る 米国のプロジェクトがリスクにさらされる可能性がある。

原題:Dearth of Skilled Workers Imperils $100 Billion Projects: Energy(抜粋)

--取材協力:Joe Carroll.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE