米社債保証コスト、約5カ月ぶり低水準を維持-CDS取引

6日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが約5カ月ぶり低 水準にとどまった。米連邦準備制度理事会(FRB)は、経済がほぼ全 国的に緩やかないし、まずまずのペースで拡大したとの認識を示した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後3時41分(日本時間7日午前5時41分)現在、0.3ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の83.7bp。前日は昨年9月14日 以来の低水準で引けた。

FRBは6日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、 「過半数の地区が労働市場環境の緩やかな改善を報告した。ただし、い くつかの地区では採用計画は限定的だった」と説明。また、「居住用不 動産市場はほぼ全ての地区で力強さが増した。ほぼ全国的に、住宅は在 庫が減る中で価格が上昇した」と指摘した。

スミス・ブリーデン・アソシエーツの企業クレジット責任者、ジョ ン・ダンシング氏は電話インタビューで、経済指標よりも「FRBが市 場に伝えているのは何かということが、現在の主な関心事だ」と述べ た。

原題:U.S. Credit Swaps Hold; Fed Says Economic Growth at Modest Pace(抜粋)

--取材協力:Charles Mead.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE