三菱商の米資産運用部門、コンテナ船ファンドを設定へ

三菱商事の米資産運用子会社MCア セット・マネジメント・ホールディングスは、元ゼネラル・エレクトリ ック(GE)の海運チームメンバーが運用するファンドを設定して7 億5000万ドル(約700億円)の調達を目指す計画だ。

ブルームバーグ・ニュースが入手した募集計画書のコピーによる と、MCシーマックス・シッピング・オポチュニティーズ・ファンドは 船会社へのリース用にコンテナ船25-35隻を購入・管理する。コンテナ 船の価値は25年ぶりの低水準に近づいており、価格低迷を好機として利 用する戦略。

MCアセットは運用戦略について、船舶の過剰供給が修正され需要 の伸びが続き、買い手同士の競争が低調などの点を挙げ、「かなりの」 値上がり益を得る可能性があると説明した。

MCアセットのシニア・マネジングディレクター、スコット・マク ドナルド氏に電話と電子メールで取材を試みたが、コメントは得られて いない。

募集文書によると、三菱商事は同ファンドに5000万ドル投じるとい う。

原題:Mitsubishi Unit Plans to Target $750 Million for Shipping Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE