仏ルノー、人員削減と賃金凍結の実施可能に-労働組合が同意

フランス2位の自動車メーカー、ル ノーは主要労働組合のうち2労組の同意を得て、7500人の削減と賃金凍 結の実施が可能になった。

労組「FO」の自動車部門責任者、ジャンイブ・サボ氏は6日の電 話インタビューで「われわれはきょう午前、協定に署名することを決め た」と語った。幹部職総同盟(CFE-CGC)は2月22日に同案を支 持すると表明している。

2組合に加入しているルノー従業員の割合は約45%で、仏国内法が 定める団体協約に必要な最低限度の30%を上回る。

原題:Renault Gains Union Backing to Cut Workforce, Freeze Wages (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Deen、Helene Fouquet、Dorothee Tschampa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE