カナダ中銀:政策金利1%で据え置き、緩和政策「当面は適切」

カナダ銀行(中央銀行)は6日、政 策金利を1%で据え置き、当面は据え置く可能性が高いことを示唆し た。インフレが予想以上に減速していることが背景だ。その上で、いず れは次の一手として利上げに踏み切ることをあらためて表明した。

カナダ銀行は6日の声明で、前回に続いて金融政策の引き締めに関 する表現を軟化させた。同銀は「実質的に過剰な生産能力」を有する経 済においてインフレは「短期的には低水準を維持するだろう」と述べ た。

カナダ銀行のカーニー総裁は「現在の大規模な金融緩和政策は、こ の先も当面は適切である可能性が高い。その後は少し縮小する必要が出 てくるだろう」と声明で述べた。

原題:Bank of Canada Says 1% Rate ‘Appropriate for a Period of Time’(抜粋)

--取材協力:Ilan Kolet.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE