香港株(終了):ハンセン指数、1週間ぶり大幅高-米経済で

香港株式相場は上昇。米供給管理協 会(ISM)が発表した2月の非製造業景況指数が1年ぶりの高水準と なったことが好感され、ハンセン指数は1週間ぶりの大幅高となった。 中国本土の住宅ローン規制強化をきっかけに売られていた不動産開発株 が反発した。

香港上場の中国不動産開発会社で最大手の中国海外発展(688 HK) は3.3%高。米ウォルマート・ストアーズなど小売企業に玩具や衣料品 を納入するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.2%上げた。靴 の小売りで中国最大手の百麗国際(1880 HK)も高い。

中国最大のインターネット会社テンセント・ホールディングス(騰 訊、700 HK)は1.2%上昇して上場来高値を付けた。FTSE中国25指 数への採用が好感された。通信機器メーカーのZTE(中興通訊、763 HK)は8.9%高。同社は次世代スマートフォン(多機能携帯電話)で米 インテルと協力していることを明らかにし、これが材料視された。

ハンセン指数は前日比217.34ポイント(1%)高の22777.84で終 了。上昇率は2月28日以来の大きさだった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は1.7%高の11359.04で引けた。

アンプル・キャピタルの香港在勤ディレクター、アレックス・ウォ ン氏は「きょうはこれまで売られていたセクターが回復した」と指摘、 米国の株式相場の強さや良好な経済指標も香港株の上昇を後押ししたと 語った。その上で、中期的には「恐らく幾分下向きのバイアスがかかる だろう。香港と中国の不動産株に関連する政策リスクが存在する。市場 参加者はなお慎重だ」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Rise on U.S. Services Data; Developers Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE