【コラム】シティにCがいっぱい、新評価基準も5つの「C」

米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(WSJ)が米銀シティグループとその新最高経営責任者 (CEO)、マイケル・コルバット(Michael Corbat)氏についてちょ っと不思議な記事を掲載した。同CEOが「計測できない者は経営でき ないという単純な公式によってシティを自分流に作りかえようとしてい る」というのだ。

WSJ紙は「コルバット氏は幹部の成果を金融プランとの対比でよ り厳密に評価したがっている」とし、「定量的な手法はコルバット氏が 前任のビクラム・パンディット氏とは違うことを示す最も明白な兆候 だ」と指摘する。

記事はさらに「ほとんどの大手金融機関は進展度合いを測るために 何らかの数値基準を使っている」と続く。

奇妙に思われるのはここだ。シティは今までパフォーマンスを測定 するのに量的な基準を使っていなかったのだろうか。数値目標はシティ の幹部にとって目新しいものなのだろうか。何しろ銀行救済された側の 親玉とも言うべきシティのことだ。何でもありだとは思う。しかしそれ にしても、本当だとすれば信じられない話だ。

(ジョナサン・ワイル氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストで す。記事の内容は同氏個人の見解です)

原題:Citigroup Discovers Performance Data? Really?(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE