日韓ガス対話再開へ、LNG輸入価格引き下げ目指す

政府は液化天然ガス(LNG)を共 同で調達して輸入価格を引き下げるため、竹島問題で開催が先送りされ ていた日韓ガス対話を今夏までに再開することを目指す。

ブルームバーグ・ニュースが入手した経済産業省幹部の講演の文書 で明らかになった。資源エネルギー庁国際課の木原晋一課長が米テキサ ス州ヒューストンで6日、米エクソンモービルや英BP、サウジ国営石 油会社サウジアラムコなどエネルギー業界の幹部が出席する国際会議 「CERAウイーク」で、LNG調達確保の取り組みについて講演す る。

韓国との協議再開に加え、北米からのシェール(頁岩層)ガス調 達、ロシアやモザンビークなどLNG供給元の多様化、安全が確認され た原発は再開するという安倍政権の方針などを同会議に参加するメジャ ー(国際石油資本)やガス生産会社の幹部に訴える。長引く原発の停止 で増えたLNGなど火力発電燃料の輸入コスト低減につなげるのが狙 い。

同会議には、BPのロバート・ダドリー最高経営責任者(CEO) やエクソンモービルのマイケル・ドーラン副社長、サウジアラムコのハ リド・アルファリCEOなどが参加する。

韓国と日本を合わせるとLNGの輸入量は世界の半分を占めること から価格面での交渉力を強化するため、経産省は共同調達などを視野 に2011年11月に東京で1回目の日韓ガス対話を開催。昨年5月の第2回 会合後、竹島をめぐって2国間の関係が悪化し開催が先送りされてい た。韓国の朴槿恵政権では省庁再編が野党の反対で進んでおらず、経産 省は新体制の発足を待って、第3回会合を実施したい考えだ。

木原氏は今秋に第2回LNG産消会議を東京で開催することも発表 する。経産省が昨年9月に都内で開催した同会議にはカタールや豪州、 カナダなど産ガス国の閣僚をはじめ約600人の関係者が出席。枝野幸男 前経産相はこの会議で、日本の高いLNG調達価格の一因となっている 原油価格に連動する値決め方式は「合理性を失っている」と強調してい た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE