米シティ、マレーシアで2つの市場指標へのデータ申告停止

米銀3位シティグループは、マレー シアで使われている2種類の市場指標向けに自行のデータを申告するの をやめた。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

同関係者らによれば、シティは先週、マレーシア・リンギット金利 スワップレートとリンギットの対ドルのスポット・リファレンスレート の申告を停止した。この件について公に発言する権限がないとの理由で 匿名で語った。

世界的な指標金利の不正操作問題をめぐり、当局が法的措置や制裁 金を科すことを検討しているのを受け、HSBCホールディングスや UBSもシティと同様の動きをみせている。

シティの広報担当者ジェームズ・グリフィス氏(香港在勤)は、デ ータを申告するグループからの撤退についてコメントを控えた。ブルー ムバーグが集計したデータによると、シティは引き続きクアラルンプー ル銀行間取引金利(KLIBOR)向けには金利を申告している。

原題:Citigroup Said to Stop Submissions for Two Key Rates in Malaysia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE