中国企業、米シェール革命への参加目指す-手元資金400億ドル

中国最大の石油会社、中国石油天然 ガス集団(CNPC)は、米国で同社初となるエネルギー権益の取得を 目指している。中国の大手石油3社が保有する手元資金は計約400億ド ル(約3兆7300億円)に上り、各社はこの資金を利用して米国のエネル ギー革命への参加を狙っている。

CNPCの蒋潔敏会長は5日、北京で開幕した全国人民代表大会 (全人代、国会に相当)で、米国の石油資産への投資について「現在調 査している」ことを明らかにした。競合する中国石油化工集団は先月、 オクラホマ州の石油・ガス資産を米チェサピーク・エナジーから10 億2000万ドルで取得することで合意している。

中国の石油各社は政府からの融資を利用してシェール鉱床の権益を 取得することを望んでいる。米国ではシェールブームにより原油生産 が21年ぶりの高水準に達し、中東産原油輸入への依存度が低下してい る。中国海洋石油(CNOOC)は8年前、米ユノカルを190億ドルで 買収することを提案したが米議会から阻止されており、この時の経験が 生かされそうだ。CNOOCは先月、カナダのネクセンを151億ドルで 買収する提案について米当局の承認を得ている。ただ、ネクセンによる メキシコ湾の米海域での操業は制限される。

ユーラシア・グループのグローバル・エナジー・アンド・ナチュラ ル・リソーシズのアナリスト、ウィル・ピアソン氏(ロンドン在勤)は 「米国では、中国企業による油田権益の一部取得を通じた開発への参加 は歓迎されるだろう」と指摘。ただ、「完全買収については引き続き精 査され、反対されることが予想される」と述べた。

ピアソン氏によると、中国はカナダや中南米、アフリカ、オースト ラリアなどで石油・ガス資産の完全買収を行っているが、米国では政治 的反発を受け難航する可能性がある。米国は買収の対象となっている資 産が軍事施設に近かったり、特定の種類の技術にアクセスできる可能性 があったりする場合には中国企業による買収を抑制している。知的財産 の窃盗やサイバー攻撃への懸念が高まっていることも中国企業による買 収提案の精査につながっている。

原題:China Joining U.S. Shale Renaissance With $40 Billion: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE