チャベス大統領が死去-貧困救済掲げた自称社会主義者、58歳

自らを社会主義者と称してベネズエ ラ社会を変えたチャベス同国大統領が5日、死去した。58歳だった。過 去最大に膨らんだ石油関連収入を貧困層に配分し、企業を国有化したほ か、敵対勢力を米帝国主義の手先と非難した。

マドゥロ副大統領は国営テレビを通じて、チャベス大統領が首都カ ラカスの軍事病院で現地時間午後4時25分(日本時間6日午前5時55 分)に死亡したと発表した。

2012年12月10日、チャベス大統領は約1年半で4回目となるがん手 術を受けるためキューバを訪問。病気から「完全に自由になった」と有 権者に訴え、約55%の得票率で大統領選挙を制してから2カ月後のこと だった。同氏が公の場に姿を現したのは、それが最後だった。

ブラジルのルセフ大統領は「チャベス大統領は、彼を必要とした中 南米の全ての人に対して寛容だった」と発言。その死は中南米の貧困層 にとって損失だと語った。

1999年に大統領に就任したチャベス氏は、キューバのカストロ前国 家評議会議長から着想を得て、貧困層向けに住宅と診療所を建設。1000 社を超える企業やその資産を国有化し、イランからニカラグアに至る反 米同盟を築いた。

カーター政権下の米国家安全保障局(NSA)で中南米を担当した ロバート・パスター氏は、「ウゴ・チャベスがベネズエラを変えたのは 間違いない」と指摘。「チャベス氏の追求した政策が本当に庶民を助け たかどうかについては議論があろうが、自分たちに配慮してくれた指導 者だと大多数が感じていたことは明らかだ」と述べた。

後継者

チャベス大統領は新たな任期(6年)の宣誓式が行われる予定だっ た1月10日までにカラカスに戻ることができなかった。帰国できたのは 2月18日で、ベネズエラ政府当局者によると、直ちに軍の病院へと搬送 された。チャベス氏は気管チューブの必要な手術を受けた後に呼吸器感 染症にかかり、会話ができなくなったという。

ベネズエラ憲法の規定によれば、大統領が死去した場合、30日以内 に大統領選挙を実施しなければならない。マドゥロ副大統領あるいはカ ベージョ国会議長のいずれが暫定大統領に就任するかは不明。

昨年12月8日、チャベス大統領は国民向けの演説で、疼痛があり、 医師から直ちに手術が必要な状態だと言われたと説明。次の大統領選が あればマドゥロ副大統領に投票するよう呼び掛けた。マドゥロ氏はバス 運転手や労働組合指導者を経て政界入りし、外相の経験もある。

「悪魔」

国際社会にチャベス氏を最も印象付けたのは、06年の国連総会演説 だ。前日に国連でスピーチしたブッシュ米大統領(当時)を「悪魔」と 呼び、演壇にはいまだ硫黄のような臭いがすると攻撃した。

チャベス大統領は反米的な立場に加え、石油産業を再び掌握したい との思惑から、石油輸出国機構(OPEC)加盟国に呼び掛けて原油価 格引き上げの合意づくりに動いた。

ベネズエラ産原油は大統領就任時には1バレル=9ドル未満だった が、08年には約126ドルと10倍強上昇した。チャベス大統領は原油高で 得た資金を社会プログラムに投入し、貧困率を半減。ガソリン価格と電 気料金の引き上げも凍結した。

02年には自身の追い落としを狙ったクーデター(2日間で鎮圧) や、石油生産に打撃を与える2カ月に及ぶゼネストが発生。チャベス大 統領はこれらの事件を経て、一層急進的な立場に傾いた。国営ベネズエ ラ石油(PDVSA)の従業員1万8000人余りを解雇し、経営陣を交代 させた。

企業国有化

経済政策も大幅に変更。通貨管理政策を導入し、コーンミールや牛 肉、牛乳などの日常食品の価格に上限を設定した。ほぼ全ての業界で国 有化も開始。この結果、日用品不足に拍車が掛かり、インフレ率は30% を超えた。

1954年7月28日生まれ。労働者階級の家庭で、主に祖母に育てられ た。学校から帰ると路上で菓子を売り、家計を助けた。野球好きでアマ チュアチームのピッチャーだった。カストロ前議長と同様、米国でプロ 選手になることを夢見たこともある。99年の訪米時には、大リーグのニ ューヨーク・メッツの本拠地シェイ・スタジアムの始球式に登場。ニュ ーヨーク証券取引所では取引終了のベルも鳴らした。2回の離婚経験が あり、子供が4人いる。

原題:Hugo Chavez, Venezuela’s Anti-U.S. Socialist Leader, Dies (1)(抜粋)

--取材協力:Nathan Crooks.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE