香港株(終了):反発、米金融緩和の継続観測で-創科実業高い

香港株式相場は反発。米連邦準備制 度理事会(FRB)が金融緩和措置を継続するとの観測が手掛かりとな った。中国政府は2013年の成長率目標を7.5%に維持した。

米国を最大市場とする電動工具メーカーのテクトロニック・インダ ストリーズ(創科実業、669 HK)は6%高。華潤電力(チャイナ・リソ ーシズ・パワー・ホールディングス、836 HK)は5.4%上昇した。中国 の代替エネルギー見通し改善がプラス材料。

靴販売で中国最大手の百麗国際(1880 HK)は3.2%高。中国国家発 展改革委員会(発改委)が内需を促進する方針を示した。ソファを生産 する敏華(1999 HK)も上げた。

一方、中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)など不動産開発株は続落。不動産価格の抑制を目指した住宅ローン 規制強化が引き続きマイナス材料となった。

ハンセン指数は前日比22.69ポイント(0.1%)高の22560.50で終 了。前日は1.5%下げていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日 比0.6%高の11169.52で引けた。

DBSビッカーズ香港のセールスディレクター、ピーター・ライ氏 は「この水準は買いに入る良いタイミングだ。通貨供給拡大は人々に資 産の保有を促すだろう」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Rise on U.S. Stimulus Bets, China Growth Target(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE