グレンコアの12年、25%減益-エクストラータは37%減益

商品取引会社グレンコア・インター ナショナルは5日、2012年通期の調整後利益が25%減少したと発表し た。世界の景気鈍化で同社が取り扱う原材料需要が低迷したことが響い た。

スイスの資源会社エクストラータの買収を目指すグレンコアの資料 によれば、一部項目を除く純利益は30億6000万ドル(約2850億円)と、 前年の40億6000万ドルから減少。ブルームバーグがアナリスト5人を対 象にまとめた調査の中央値では31億4000万ドルと見込まれていた。売上 高は15%増の2144億ドル、純債務は19%増の154億ドルとなった。

グレンコアは、エクストラータ買収の完了期限をこれまでの3月15 日から4月16日に延長することも明らかにした。

エクストラータが同日発表した12年通期決算は、37%減益となっ た。評価損などの例外的な項目を除く純利益は36億5000万ドルと、前年 の57億9000万ドルから減少。ブルームバーグがアナリスト8人を対象に まとめた予想平均値(34億9000万ドル)は上回った。売上高は7%減 の316億ドル。

原題:Glencore Says 2012 Profit Drops 25% Amid Waning Commodity Demand(抜粋) Xstrata Says 2012 Profit Declined 37% on Weaker Prices, Costs (抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE