アジア株:MSCI指数、反発-世界的な金融緩和継続観測で

5日のアジア株式相場は上昇。世界 の各中央銀行が金融緩和措置を継続するとの観測が広がる中、指標の MSCIアジア太平洋指数は3営業日ぶりに反発した。中国は2013年の 成長率目標を7.5%に維持した。

売り上げの3分の2を米国で稼ぐオーストラリアの建材メーカー、 ジェームズ・ハーディー・インダストリーズはシドニー市場で3.9% 高。世界2位の半導体メモリーメーカー、韓国のSKハイニックスはソ ウル市場で3.9%上昇した。キウム証券は半導体価格の上昇が今月は続 くとの見通しを示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時28分現在、前日 比0.6%高の134.62。騰落銘柄比率は上昇が約5に対し下落が4。

バークレイズの資産管理部門の投資戦略責任者、ベンジャミン・ヨ ー氏(シンガポール在勤)は「世界の主要中銀による緩和的な金融政策 の継続が投資家に前例のないクッションを依然として提供している」と 述べた上で、「リスクオンの状態が年内は続くだろう」との見方を示し た。

原題:Asian Stocks Advance After Two-Day Loss on Global Stimulus Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE