中国の鉱業企業、業界再編で規模拡大-海外M&A積極化も

中国では国内鉱業界の記録的な再編 の波に伴い、海外での企業買収でオーストラリア・英系BHPビリトン などと競争できる体力を備えたより大型の企業が誕生しつつある。

中国国内の鉱業関連の合併・買収(M&A)は昨年、2011年全体の 2倍に相当する196億ドル(約1兆8200億円)に達したが、政府はさら なる拡大を望んでいる。資本調達がより容易になることや、資産をめぐ る国内の競争が減少することで、中国五鉱集団や中国アルミ(チャル コ)といった企業は海外M&Aで一段と強力な買い手となる可能性があ ると、デロイト・トウシュは指摘する。

こうした動きを受け中国企業による海外での鉱業資産買収は低迷を 脱する可能性がある。ブルームバーグがまとめたデータによると、12年 は総額29億ドルと、5年ぶり低水準に落ち込んでいた。

モルガン・スタンレーのアジア太平洋地域部門で天然資源担当責任 者を務めるリチャード・トリ氏(香港在勤)は「より強力で大型の中国 企業の出現により、海外での買収の規模は拡大する見込みだ」と述べ た。

原題:China Seen Creating Own BHP to Boost Foreign Mining Buyouts (1)(抜粋)

--取材協力:Brett Foley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE