バフェット氏に質問へ、バークシャーに弱気なカス氏-総会で

米投資・保険会社バークシャー・ハ サウェイに弱気な見方をしている投資家ダグラス・カス氏は、同社が5 月に開く株主総会に参加し、ウォーレン・バフェット会長に質問を投げ 掛ける。

シーブリーズ・パートナーズ・マネジメントを創業したカス氏は4 日の電話インタビューで、ここ5日間でバークシャーの株価下落に賭け る取引を始めたことを明らかにした。バークシャー本社のあるネブラス カ州オマハで5月4日に開催される株主総会でカス氏は、バフェット会 長やチャールズ・マンガー副会長の話を聞こうと世界中から集まる数万 人の株主に囲まれることになる。

バフェット会長(82)は3月1日付書簡で、株主総会に参加してく れるバークシャーに弱気な見方をするプロの投資家を求めていると表 明。カス氏は質問者として選ばれたことに「光栄だ」とコメントした。

カス氏は2008年の早い時期にバークシャー株が下落する可能性があ ると指摘。その理由としてバフェット会長の株式ポートフォリオと同会 長の後任選びの難しさなどを挙げていた。

原題:Kass Takes Buffett’s Challenge to Present Bearish Questions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE